2016年11月16日水曜日

ボチボチ咲いてきました

こんばんは~~~

11月も半ばが過ぎ、カレンダーの残りが気になるこの頃ですね!

今咲いてくるセントポーリアは、恐らく9月に入ってやや涼しくなってから花芽を分化した花でしょう。

Saintpaulia Anastasia
アナスタシア
古い花です
「アナスタシア」というと、ロシアの花と誤解されそうですが、もう20年くらい前にLyndon Lyonから輸入した花です。
ただ、紛らわしいのですが、LE-Anastasia というのもあります。咲いてないので色は分かりませんが…

もしかしたら、どなたか松坂屋に展示したこの花をご覧になったかもしれませんね。

展示した後に、持ち帰って花の数を数えました。
花の下にも花が咲いていて、100までは数えましたが正確には何輪咲いたか分かりません。

でも、あれは大きかったのですが、今では置き場所にも困るほど、、、
これでももう既に30センチは超えています。
大きいだけで、作り込んではいないので、葉の数も限られてしまいますが…

たくさん咲かせようと思ったら、今植え替えて5号平鉢に…
鉢もないし、置き場所もない。

今はまだ3号の鉢ですが、さて…どうしたものか??

こちらはSnow Edelweiss
セントポーリア スノウ エーデルワイス
スノウ エーデルワイス

こちらがロシアの花。7月にViolet Barnから、やってきました。

本当は、パッチタイプの花なのですが、まだ白が出ていないので殆ど夏花。
しかも葉っぱが小さくなってしまって…

寒い部屋で咲いてこれなので、もっと寒くしないと白が出てこないのかも。(-.-;)

花芽分化の適温は18度以下か??

RS-Mavkaもそうですが、ロシアの花は、結構夏に強くて、寒さにも強い??ものがあるようで、
この花は、9月にも殆ど白が出ずに咲いていました。今は少し出てますね。

花びらのフリルがいい~~~

Amoul Eliteに似ているかな??

0 件のコメント: