2019年3月28日木曜日

千葉の桜は…

三分咲き

東京より寒いです。

今日も風が寒い!

花見🌸の気分ではないですね。


もとより、余りにも最後の花見が辛かったので、

もう二度桜の花見だけは出来ません。

足元ではスミレがさいていました。

2019年3月27日水曜日

セントポーリア展示会

3月30日と3月31日の二日間、

東京都江東区東大島文化センターで、今年の展示会を開きます。


来場された方には、今年は苗でなく「葉挿し用」の葉っぱをプレゼントします。


数に限りがございますので、早めに起こしくださいませ。


会員一同、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

売れ残り😥

ショップにもヤフオクにも出しました。


呆れる程の安さで(笑)


でも、買い手がなくまた咲いています。

こうなるともう手放す気はない😉😍

きっとここに居たいのです。


大きくして花をたくさん咲かせてあげるからね。

もう、このお家にずっと住んでくださいね。😊

2019年3月21日木曜日

派手な赤

Chimera Maltiyskiy Order

前回書いたときに、綴を間違えてます😥

何しろロシア語は習ったことがないのでね。

ロシアの交配種です。


真っ赤なダイナマイトレッドの縞とフリルが美しい!

ちょっと、何処かが何かを間違えて、葉をきれいに作ることができませんでした。😓


従って花数もいまいち

ま、今の私はこんなもんでしょう。

その内、誰かが素晴らしいショープランツとして作ると思います。


それ程、素晴らしいセントポーリアだと思います。

2019年3月18日月曜日

Georgetteの変化

たまたま、元花の「ジョーゼット」と、変化した2種が咲いています。


ご存知のない方も多いと思いますので、記しておきますね。


大元はこの花【Georgette】

今はあまりフリルも出ていませんが、これが【ジョーゼット】


そしてこの花が変化したものが、有名な【Zaca's Georgette】

【ザカズ ジョーゼット】


そしてこの反転縞が【Parisienne】

【パリジェンヌ】です。


ストーク挿しは勿論、脇芽でも三通りの花が出ることがあります。


ヤフオクでは安いですね。

この価値は、育てた人にしか解らないと思います。

2019年3月17日日曜日

セントポーリアって・・・

今、思わず呟いた言葉

「なんか何時も課題を突き付けてくれるの!お主達は!!」


そうなんです。

何も考えずに、長いこと栽培してました。


何も考えずに、よく咲いていました。


なのに、何故か、ここに越してきてからは何時も何らかの❓を突き付けられる。


今は、蕾が着いて咲くのに変な色

夏でもないのに夏花のような花が咲く。


ずっと前にもありました。

それは「スリップス(アザミウマ)」が付いていたとき。


今は何も付いてないのに、、、❓❓❓


原因解明までにはもう少し掛かりそうです。

同じ用土で、同じ肥培管理をしているにも拘わらず、変だなぁ❓❓❓


変な花は大株のみ、展示会に向けて作った株だけなので、その辺に何かが潜んでいるようです。

2019年セントポーリア展示会

草木の芽も伸び始めて、春らしくなってきましたね。
2017年展示会より

2019年の「東京セントポーリアの会」展示会のお知らせです。
東京セントポーリアの会会員の皆様が丹精込めて栽培された株を、ぜひご覧くださいませ。
ただし、昔の花門の展示会のような「大株」・・・とは縁遠い展示株ですので悪しからず・・・😥

場所:東京都江東区東大島文化センター 1階ロビー
日時:3月30日午前10時~午後4時まで
   3月31日午前10時~午後2時半まで
3月30日は展示時間以降、文化センターの入り口が閉まるまで、
鍵のかかったガラスケース内でお花だけはご覧いただけます。
なお、公共施設ですので会場での苗の販売はございません。

苗や株はセントポーリアの会(教室)の会場で、販売ではなく
会への少しの寄付という形で 皆さんでお分けしています。
苗代は、展示会の費用や皆さんのお茶代などに使われます。

入会ご希望の方は、会場でお申し出ください。
場合によって、お断りすることもございます。

2019年3月16日土曜日

名前を間違えた?

名札には、LE-Tristan

と書いてあります。

でも、トリスタンとは違う、、、、

これがトリスタン!

だいたい、斑がない。

💡解った☝️

LE-Esmeralda!

だから私は花が咲かないと売れないのです。😥

変な花屋😫

千葉市のキルト展に行って来ました

テーマは桜🌸

本物の桜に先駆けて、

一足先に美しく咲いていました。

大きな作品から、可愛いものまで、やはり女性が主体なので華やかでした。

下の2枚が従姉妹と義妹の作品

光の関係でちょっと残念。

2019年3月12日火曜日

残念ながら

展示会まで 持ちそうもないです。

もともと、展示のために作った株ではないし、仕方がないといえば仕方がないのですが、、、


ただ、美しい株なのでちょっと展示してみたかった気もなくはないです。

もう5輪の花を摘みました。

少しでも黄ばむと取り除いてしまうのです。

2週間早かったですね。

2019年3月9日土曜日

セントポーリアの小さなお店

再開しました。

ただ、まだ寒い日もあリますので、お客様のご希望の日にお届けできるようにいたします。

可能なものは予約もして頂けますので、ご連絡くださいませ。

2019年3月6日水曜日

作品作り失敗

35センチあった株
この歳でまた初めての経験をしています。
蕾が茶色くなって枯れるのです。

展示会の3ヶ月前と思って、12月29日に植え替えました。

暮でも、私には全く関係がありません。
植え替えをしようと思えばいつでも出来るのですが、、、

ちょっと寒過ぎたのかもしれない。
室温が12℃くらいまで落ちる部屋の最下段の棚に、置いてありました。

植え替えてから、一週間以上 経ってから水遣りもしました。
本当の水道水のみ。
これが どうもご機嫌を損ねてしまったようで、それ以降成育が衰えてしまいました。失敗😣

今年もまた、失敗😣
昨年は大株はできませんでしたが、花はそこそこでした。

「歳のせい」という人もいますが、東京のあの環境を失った今、歳のせいにはしたくありません。
1月19日の写真です。。゚(゚´Д`゚)゚。
やはり、どこか違う。
葉が凸凹😥
株数ばかり殖やしてしまった未熟者です。
来年は、今より更に落ちる体力とどう立ち向かうかが課題となりましょう。😵

2019年3月3日日曜日

Concord

「Concord」の育成が下手でした。
他のものはすんなり育つ時も、Concordだけはこじれる。

Concordは、今から30~40年前に愛知県にあった尾崎園芸(今はありません)で、ラプソディ種として商業用に生産されていた「エルフリーダ」(エルフリーデ)の中から、スポーツ(変種)として川上敏子先生が見出されて、固定したものです。
ラプソディ種というのは、今ではアメリカが中心の商業用セントポーリア オプチマラ種ですが、当時はドイツ中心に交配、生産が行われ、ドイツで出来たものをラプソディ種と言われています。
今では来歴をご存じの方も、数少ないと思うのですが。

エルフリーダ(Rhapsodie Elfriede)は青一色で、とてもよく咲いたのですが、何故かConcordとして入手したものは上手く育たない。

エルフリーダを育てていた環境、用土、肥料、
すべて今とは違います。

どこが違うのか?
ずっと疑問でした。
今回のこの大失敗を経て、ようやく悟りました。
へ〜〜〜、、、ナルホド💡
コツですか?
まだ言えない。😅
言う前にちゃんと作ってみないとネ。
まだまだこの株も回復途中なのです。
ただ、あの環境は手に入らないので、今のやり方でやってみることにします。
花付きは良い方です。
大株にもなりにくいです、
せいぜい30センチ!
ここまで行ったら大したものですよ。
私は25センチ位までしか作ったことはないです。
葉をキレイに作るのが、少し難しいかな?

乞ご期待!かな?

年寄りの冷や水

花の名前は AV-Ekstaz (Ecstasy)写真の通り、ウットリするような花です。

大輪でフルダブル、しかもほんのりグリーンのエッジ!
春らしい花です。

もうちょっと早く、私の育成が軌道に乗っていたら展示会にも出せたのですが、秋9月に付いていた葉は、何らかの欠陥があり取り除いてしまったためにまだ葉の数が少ないです。

それでも、一枚の葉の付け根から日本の花茎が上がるなど今後を期待させてくれるセントポーリアの一つですね。

葉挿しはこれから、、、
まだ殖えてません
と言うか殖やしてません。
自分でゆっくり愉しんだら(結構自己中)😅、増やしていきます。

色々と、この失敗では学びました。
頭の中が、多分飽和状態。
ま、セントポーリア栽培に関しては、できるできないに関わらず、なにか悟った気がします。
🤗🙌🤭

腰痛は、間違った運動と また布団のせい。
昨年スーパーで買ったのが安物で、、、仕方なくまた買いました。
ちょっと高めのをね。
ベッドが置ける生活が出来るまで、頑張らないと😵

腰痛が治ったら(完治はないそうですが)トレーナーのいる所に行くつもり。
年寄りの冷や水はいけません。😱