2016年5月22日日曜日

ストーク挿し

1月30日の日付がついていました。
セントポーリアのストーク挿し
パリジェンヌのストーク挿し
遅いと思われませんか??

何故か?なと思って原因を考えました。

ストークの托葉の下が長く、発芽した苗が、土に触れていなかったのでは大きくなれなかったのではないか?と思います。

上の写真は植え替えたところ。
植え替えてから、植え替え前の写真を撮れば良かったと後悔しておりますが…

ストーク挿しは、托葉の下が土に触れるくらいにした方が良いかもしれません。

ただし、これからの時期、腐りやすくなりますので、くれぐれも切り口に気を付けてくださいね。

追記:
托葉の下の茎が長いために発芽した苗が発根できず伸び悩んでいる
茎も切り戻して、植えなおしてみましたが…
さて??どうなることでしょうか?

0 件のコメント: