2016年5月26日木曜日

コンコルド2種

コンコルドは、なかなか殖やすことの難しい種です。

クラウンカットをして、脇芽を強制的に出すことで幾つかに分けることはできます。

ただ、キメラ種が通常ストーク挿しで殖やせるのに比べると、托葉が細くて小さく、托葉での増殖はかなりの技術が必要かもしれません。

過去、比較的大きかった托葉でいくつかは殖やしましたし、脇芽も取れたものもありました。

再起後、Kazuyaさんから頂いたのと、kazuyaさんが、Nishiさんに渡したものからその脇芽を頂いたものが二通りあります。

しかし…違うのです。花が…。

AVSAの雑誌でも、何通りかを紹介していましたが、今私の手元にあるのは2種類
1.センターのブルーが細いもの。
Concord
Concord1
2.そしてちょっとセンターのブルーが太めのもの。そして花びらもやや丸いですね!!
Concord
Concord2

葉っぱは同じです。

以前、シュプリュームタイプ(葉が肉厚で、葉の毛が立っているもの)を持っておりましたが、残念ながら失いました。

2.の方が昔からのコンコルドのような気もするのですが、AVSAでは、1.をスタンダードコンコルドとしています。

更に白い部分が少ない種もあり、これはいずれ白が無くなって元株の「ラプソディー エルフリード」に戻ることもあります。

いずれも、kazuyaさん経由の株なので、育つ途中で少しずつ変化しているのかもしれません。

長く残したい品種ですが、私のところではなかなか殖えてくれないで、困っています。

クラウンカットする勇気は私にはありません。


0 件のコメント: