2017年2月28日火曜日

Lyon's Fortune Teller(フォーチュン テラー)

セントポーリアは、長い間 脇芽や葉挿しで殖やし続けているうちに
変化してしまいこともあるようです。

Lyon's Fortune Teller
Midnight frolic(赤紫にフリルの白のボーダーエッジ ) のスポーツです。

日本の温室で変化が出たものを「はやせ」と名付けられていましたが、
もはや「はやせ」をお持ちの方は、少ないかもしれません。

かくいう私も枯らしました…

で、アメリカから取り直したFortune Teller Lyon'sが消えています。
???
と思ったら、確かに違いますね。
Fortune Teller
下の花のストーク挿しからの花
Fortune Teller
Violet Barnからの輸入種2016-2-10の写真
 赤紫の色はやや薄くなり、白い部分が多くなっています。

更に葉のウェーブも殆どありません。

それで、執念深い私…さらに海外から、別株を取り寄せました。

赤紫は、濃いです。
色の違いは、丈夫のライトによるもので…
今撮り直してみました。
Lyon's Fortune Teller(2017-2-28)
苗からの 初花なので、もう少し大きくなるかもしれません。
昔の、Midnight Floricの赤紫の花色が確実に残っています。

調子が良いと、グリーンのエッジが出ることもあります。

2008年の古い写真、、、

緑のエッジがあり葉っぱにフリルがあります。

こんなことを気にするのは、私くらいでしょうか??

花付きが良く、たくさん咲くところは変わりませんが、
4枚の写真、それぞれ全く違う花に見えませんか??

0 件のコメント: