2017年2月26日日曜日

パリジェンヌ

あきこさんのところから来て、一年弱

この子は強い子ですね!!
パリジェンヌ
強いフリルとグリーンエッジが出ています

ピンクの筋は咲くにしたがって濃くなります。
花の終わりは、下を向いて・・・
葉の保護のために、葉っぱには透明のポリ袋をかけてありますが、
花が袋の上につかえるので、穴をあけて袋の外で咲いています。

先月までは、フラコンケースの中で育っていたのですが、大きくなって
これまた表に追い出されたもの…

展示会までは持ちそうもないので、これは出せませんが、パリジェンヌはご存知の通り
なかなか育成の難しい種類、一様には育ってくれません…

ずっと、考えていましたが分かったこと!!
他の種類に比べると、育ちが遅いのです。
従って、ほかの種類と一緒に管理すると、水をやりすぎて過湿になることもしばしば…

スタンダードの株は、順調に育つと、一ヶ月で葉っぱが4~5枚展開します。
でも、、、このパリジェンヌは、一ヶ月3~4枚がいいところ。

4枚も伸びたら、万々歳!!

どのセントポーリアもそうですが、寒い冬のほうが良い花が咲きます。
気温が高くなってくると、育ちが早くなりますが、フリルも弱くなります。

ただ、違う花ではありませんので、冬の温度管理と、湿度管理に気を配る必要があるのではないか??
温度管理の点では、かなりデリケートで、花芽分化の時期の気温で大きく変わってくるようです。

その点が把握できれば、少し大きめの株を作ることも可能なような気がします。
この株は23センチ。小さいです。

はい。時間が出来て、またゆっくり観察できるのでわかってきたことも少しあります。

0 件のコメント: