2018年2月17日土曜日

セントポーリア現況(1/20 修正)

2月もはや 中旬が過ぎようとしています。
今年は相変わらず寒いです。

日本海側が大雪の時、関東地方は カラカラの乾燥注意報。

海に囲まれているのに何故か、、、千葉は湿度が10~20%台まで落ちることがあります。
砂漠じゃないんですが・・・

加湿器2台、フル稼働で辛うじて40%台まで

これまで、ずっと書いてきた「テフロン加工」

お鍋やガスレンジから出るフッ素ガスなどの有害ガスが部屋の中に充満していたようで、セントポーリアは元より、観葉植物の室内の「シュロチク」まで。ひどい有様です。
葉が固くなり、生育が遅れてる
今ようやく伸び始めています

マイツではないのです

上の株の中心
寒さも加わって、やっと正常な葉が…
薬もかけてないのに、
あ~、私のトリスタン・・・・😢みじめ…

昨年6月にアイルランドから来たこの株も…
展示会に出す予定がこの通り!!😭😭😭
4号鉢なので、そこそこの大きさですが、もうダメ。


このまま気づかずにいたら、私自身も 今頃はここにいなかったかもしれません。🌟💀

🐦インコが死んで
セントポーリアの生育がおかしくなって🌼

!!!

やっと気が付きました。💡

確かに、自分自身も、原因の分からない咳と朝起きた時の頭痛に悩まされていたのです。

お医者様には、ストレス+空気の乾燥

という診断でしたが…、考えてみると、今はそれもなくなたので 原因がそこにあったことを実感しています。

3/31・4/1
セントポーリア展示会の予定ですが…

私は お見せできる株がないです。😥

悲しいけど、ないです。😪
主人が亡くなった時でさえ、一株はあったのに…
今年は哀れな 「The Alps」のみ…

葉の色は退色し、黄ばんでいます。
肥料を欠かしたことはありません。

でも症状は「窒素不足」
外側の葉が黄ばんでいます。
フッ素ガスの過剰吸収で、窒素が不足??
そんな理論があるかどうかさえ知りません。



用意してい株が、全て、本当にすべてダメでした。😆
セントポーリア栽培歴50年で 初めての経験です…

ガスレンジを変えて、お鍋も全て変えて…
狭いキッチンのセントポーリア栽培、最悪の一年でした。
去年の冬は、、、どうしたんだろう??でも展示は出来たから…??
何か出せたのかな??

秋からずっと、いいやもっと前、夏前から確かに変でした。

千葉へ引っ越してきても、花見川区の団地ではよく育っていたセントポーリアが・・・
ここ美浜区では、セントポーリアの栽培が出来ない??
窓の向きかな?
窓が小さいからかな??

そう思ってから約一年半。
確かにここでは栽培できないです。😢😢😢

いいや、テフロン使ってないから、これからは何とかなるかもしれないけれど…


私自身は、情けない展示会ですが、会員たちはみんな上手になっています。😅
展示会本来の意味が、10年経ってやっと実ってきたのではないかなぁ~~~と思います。

3/31・4/1
楽しみにしてくださいね!!😂と言っていいかどうか??
今年は例年より寒いし、、、、生育も遅れるものもあるかもしれません。
作品は、👉paulia87のインスタグラム上にて…4月以降に ご覧くださいませ。💖

0 件のコメント: