2018年1月20日土曜日

これがはっきり分かります!

フッ素ガスの害かと…
我が家のこの冬の典型的な不調株です。
こんな株が、ずらりと並んでいます。

殺虫剤も殺菌剤も、薬は一切撒いてません。
もう、数年の間 薬は一切使ってません。

テフロン加工してある(鍋・フライパン・ガスレンジ・電子レンジ)の使用を止めて約2週間。

中から出てきた新芽が全てを物語っています。

 人には害のないというテフロン加工ですが…!


侮るなかれ!
200℃以上に熱すると フッ素ガスが発生します。

小鳥の命を奪い、植物はこの様になりました。

恐らく室内の、狭いキッチンで、これほど多くのセントポーリアを栽培しているのは
世の中広しといえども私くらいでしょうね。😓

狭い狭いキッチンで換気を怠るとこうなるのです。

根は伸びます。
葉も古い葉はしっかりしています。
ただし…上がってくる蕾は茶色くなり、枯れます。

この株を目の前に置いて半日考えました。

結論…このまま植え替えずに様子を見ることに…

展示会に出すわけでもないし、あの大きな花が咲いてくれたらそれでOK!
Neptune's Thunder
です。
一昨年5月の画像です。


0 件のコメント: