2016年4月25日月曜日

結局ストレス

風邪の症状も、血圧の上昇も、結局ストレスが原因でした。。。

地震で被災された方々や、無残にも壊れたお家を見ているだけなのに、ストレス・・・

私が被災したわけでもなく、知り合いもいません。

2011年の震災の時には、友人から逆に連絡を頂いただけでしたのに…

やっぱり、少し寄附をしようっと!!心に決めました。
結局、優しいのです…私は…要するのおバカです。(-_-;)

行くことも出来ないし、手伝うことも出来ないから、それしかありません。
決めたら心が楽になりました。こんな人いるかな?  貯金箱にいくら入っているのかな??


Misao(オリジナル株)
めっちゃ難しい子です。

  • 少し用土が過湿になると、中心に痛みが来ます。
  • 花が咲くと蕾が着いた葉が小さくなります。
  • 気温が高いと、白い縞が出ません。(外側から、緑・白・紫・白・紫・緑)という複雑な花びらの色になるのですが、この色は本当に寒い時とか、花芽が着くか着かないかのぎりぎりの暗いところか…今はまだ観察が足りていません。Yukakoの反転縞なのですが・・・・生涯の課題になりそうです。

蕾は良く着くのですが…
ちょっと変形の遺伝子が顔をもたげているようで、ユカコ本来の花型ではありません
 我が家には、ユカコも一株しかないし、このMisaoさんも、まともに咲かないことが多いのです。
こうした難しい子を育てるのが、逆に面白い…アマノジャクなのであります。

ハルノユメEmerald City)
最近、光が強いとブルーが出る、と友人から教わりました。
今、自然光でライトも当てず窓際に置いています。
ハルノユメ(Emerald City)も面白いですね。
ハルノユメというのは、亡くなった友人がつけた名前(Emerald Love)のスポーツです。
その友人が、人づてに交配者の元に送ったら、Emerald Cityの名前で売り出し、登録も取りました。

ハルノユメは私の友人(Sさん)が付けた名前、
Emerald CityはLyndon Lyonで付けた名前

全く同じものです。

ただ、花型が、カップ咲きで咲いたり、ブルーの色が出なかったり、栽培環境で花色も異なります。

ただ、名前にはかかわらず、良く咲くいい花です。
お持ちの方は、やや暗めのところで、薄い肥料で育ててくださいませ。。。

お願いいたします。

プリムリナ(キリタ)Mineko
今年、というか昨年夏の管理に失敗して、葉数が減ってしまいました。
セントポーリアの仲間ですが、猛烈に丈夫な子です。
東京都内や千葉市内なら、戸外での越冬も可能です。

お求めは赤穂ゲスネリアードでどうぞ!!
学者の奥藤先生の確実なサイトです。

失敗はなぜ??  はい、ハトが食べちゃったのであります。
葉っぱは穴だらけ、傷だらけで、傷んだ葉を取っていたらこんなに小さくなってしまって…
葉の穴はまだ見えますね。ハトがつついた後です。

東京から、たった一鉢持ってきたプリムリナ・・・大切にしなくては…
残りの数種類は、プランターごと気の毒に…((;_;))





0 件のコメント: