2014年8月24日日曜日

もう一年・・・・

昨日、主人の一周忌の法要を終えました。

ほっとした反面、もう一年も経ってしまったのだという何ともいえない気持ちに
なりました。
『私はいったいこの一年、何をしたのだろう???』
そう思うと慙愧の念に耐えません。
ぼうっとしながら、悔しくて悔しくて涙をこぼさない日はなかった一年でした。

仕事もすることもほとんどなく、セントポーリアの手入れも怠り、だめにしたり、
大切なハイビスカスは水を切らして枯らす等。

ネットショップを開くこともなく一年が経ってしまいました。

少し立ち直ってきた3ヶ月前の5月には、23歳の愛鳥を失ってしまいました。

一周忌を終えて、後は空っぽになった財布と格闘の毎日です。

早く引っ越さないと、貯金もなくなる。

今、私を癒してくれるのは、このパソコンから流れる優しい音楽と、やっと少し
出来るようになった植物の手入れ。
そして、月に一度、何とかコースを回れるようになった甥と、友人とのゴルフ。

このすべてが、これからの多忙な日々から私を救ってくれるでしょう。

71歳。

何処まで頑張れるか分からないけれど、
「歳を取らない秘訣は歳を忘れること。頑張ってくれよ!」
となくなる前に言っていた主人の言葉を思い出しながら、これからも生きていか
ねばなりません。

でも・・・どうやってここを片付けて、何時から?一体何処に住んだら?

頭の上の???が取れず、眠れない毎日が続きます。

今日は、水ざしで殖やした「ドラセナ サンデリアーナ」(こっぺさんが送って
くださった、アレンジメントのお花から抜き取って殖やしました)、「ハイビス
カス アカバナ(石垣島)」を植え込みました。
Draceana sabderiana


そして主人が手術をしたとき、虫の息だった「羊歯のポリポディウム アウレウ
ム」(キンモウウラボシ)(名前は某先生から伺ったものです)
主人がこの中に生きていると思って大切にしましょう。
この羊歯は、何処にも販売されていません。
輸入したと思われる「ピートモス」混入の用土から自然に生えてきたのを大切に
育てたものです。葉っぱが1mにもなるので、邪魔にして戸外に置いたら枯れそ
うになって、わずか1センチの茎から再生させました。
Polypodeum aureum(キンモウウラボシ)


寂しいことばかり書いたので、最後に花火。
夏の終わりを飾ります。

去年も同じ時期に上がった花火を全く記憶していません。

0 件のコメント: