2011年3月15日火曜日

ため息・・・・

棚から飛び出したセントポーリアを、元のところに置こうと思ったら、入らない
のです。植え替えて小さくしないとならないのですが、どうもセントポーリアど
ころではないのが今の状況。

今度は福島第一原発の大事故で、心が塞いでいます。
本当にこんなことをしていていいのだろうか・・・という気持ちが、頭をかすめ、
胃がキリキリと痛みます。

ただ、今日、仙台の古い友人がご無事であったことだけが、一番の喜びでした。

こんな大災害を前にすると、人一人の力はないに等しいですね。
わずかな寄付をしても、それが何ほどの役に立つものか?

でも何もしないよりした方がよい。と思って郵便局へ。今の私にはこれで精一杯
です。

皆さんもどうか、100円でも寄付をして差し上げてくださいね。

家も家族も失った女の方の呆然とした表情が心に残っています。

54万もの被災者、これからどうやって助けていけるのだろうか?

0 件のコメント: