2017年11月13日月曜日

やっと…ボツボツ…

11月に入って、やっと少し咲き始めました。

でも、これらの花芽分化は8月下旬から9月に入ってから…
まだまだ暑さの影響を受けているようで・・・何だかまだ納得できる花ではありません。
Cajun's Royal Knockout
びっくりするような名前ですね!!確かにloyalブルーが美しい!!
咲き始めて、3日の花はまだ開ききっていないですが…

完全に開くと、花の中心が白い!!
しかも、グリーンエッジ!!青紫の花色に濃淡…お気に入りの一つになりそうですが、ちょっと大きくするのは難しいかなぁ~~~??湿度が必要かも…
まぁ、元気な子です。

LE-Nastya
(アルファベットはあくまでも参考)
白い花は、写真を撮るのが難しいです。
なまじっか明るくしたら白がぼやけてしまって…もっときちんと習うべきでした。

白にピンク・ブルー・グリーンの色合いはMa's Glass Slipperに似ています。
花形はMa's Glass Slipperのほうが良いけれど…元気さは断然こっち!!
面倒がらずに背景を黒くするべきでした。

花芽を取ってしまったので、今度咲いたら黒バックで撮ります。

Yukako Sp.として導入。
でもShimaiの反転縞、、、ただベル咲き、やっぱりユカコスポーツかな?


Misao White
こっちは、Misaoのグリーンエッジがあまり出ていない株。
冬には出ていたのですが…経過観察中。


VaT-Nadezhda
パッチタイプの花で、ブルーの中にピンクのスプラッシュがあります。ちょっとカップ咲き。
夏には白のエッッジで、センターから星状に白が入ります。

最後にシンニンギアを少し…
知人のお礼に取り寄せたシンニンギア、球根が二つ届いたとのことで一つ譲り受けました。
いい花です。
Sin. ’SimSim Cindelera’
淡いピンクが何とも愛らしい。


Sin. 'Ruffled Wood Nimph'
これは昔からある、マイクロミニ…にしてはちょっと大きめの花のRuffled Wood Nimph


Sin. ’Gabriel's Horn'
取り寄せて、3年咲かなかったのですが、めったやたら球根から芽が出る。
脇芽取りとの戦いの株。
カクが花弁に変化して、八重のように見える。(写真が下手で…)まだ夏の名残の花で花形が乱れています。

多分、少し大きくなる種類だと思うのですが、なかなか大きく出来ません。

シンニンギアさ売は、セントポーリアほど熱心でないので、いい加減になりがちです。
咲き始めると楽しいのですが…




0 件のコメント: