2012年9月23日日曜日

弱り目に祟り目(ー_ー;)

主人の先も見えないうちに、姉が骨折。
恐らく母と同じ大たい骨骨折だと思います。

火曜日に電話したら「怪我をした」と言っていたのですが、我慢強い人で、
「子供が木曜日に休みなので病院へ連れて行ったもらう」
といってました。

救急車を呼べば・・と言ったのですが、聞きいれてくれず、遠いこともあって、そ
のままにしていました。

電話は留守録、連絡が取れなくなってしまいました。
「さては入院したな!」
と思ったら案の定、入院手術したと、姪から言われました。

これから、主人の病院へ行って、着替えと新聞とポータブルDVDを置いて、それ
から新幹線で新幹線で新横浜の姉の病院へ行ってきます。
そしてまた、主人の病院にとんぼ返り・・・
忙しい一日になりそうです。

姉には、私が入院したときに世話になりました。
放置しておくわけには行きません。

当分、東京と横浜を往復することになるでしょうか?

主人と姉は同じ歳、3月生まれと2月生まれです。
どうやら厄年なんですね。

79歳の方、どうぞ気をつけてくださいね。

0 件のコメント: