2012年6月12日火曜日

魅力的な花2点

今年の梅雨は、前半梅雨冷え、久しぶりに聞く呼び名ですね。
もしかしたら知らない方もお出でかもしれません。

梅雨の全般は、まだ北から冷たい空気が下りてきて、真夏の太平洋高気圧をし下
げるために、意外に冷える日があります。
こんな日を「梅雨冷」と言うそうですが、本当にここ数年聞かなかったですね。

若い頃に梅雨冷の日に・・・と言うことでサマーセーターを編んだことがあります。
今は昔・・・ですね。

セントポーリアを長いこと栽培していると、いろいろな気候を経験します。
昨年の長い夏、一昨年の暑い夏は、今までに経験したことのない厳しいものでし
た。

もう25年以上前ですが、秋にも展示会がありました。
そのときに、私は平気で45cmクラスの花を展示していたのです。
花も多分100輪近く咲いていたものと思われます。

残念ながら、デジカメのない頃で、写真はカメラマンさんが撮ってくれたものし
か残っていません。

うちのカメラマンは、その頃多忙で殆ど写真がありません。
残念です。

お花は、有名な「YUKAKO」と
2010年Lyndon Lyonの新種の「Silk 'n' Lace]

Yukakoはストーク挿しやクラウンカットで殖やしても、なかなか同じ花が出ませ
ん。この中緑の花は貴重品です。

Silk 'n' Laceはパッチタイプの花ですが、冬にはとても珍しい模様で咲きます。
残念ながら今はもう、暑いのでパッチの白い部分が少なく、中心の星だけが目を
引きます。

0 件のコメント: